意外と知らない過払いの実態とは

意外と知らない過払いの実態とは

過払いという言葉がありますが、意外とその意味を知らない人がいます。

特に、消費者金融やカードローンの会社からかつてお金を借りた人にとっては重要な内容になります。

エキサイトニュースをわかりやすく説明しています。

過払い金とは、お金を借りるときにローン会社が出資法で定められた最大29.2パーセントの利息をとって、それを支払ってきた人が請求できるものです(完済していない場合でも請求できるます)。

従来は出資法で定められた範囲で利息を取ることをグレーゾーン金利といい、特に違法ではないとされていましたが、債務者が利息を支払えずに自殺をしたりすることが多かったため2006年に最高裁判所の判決でグレーゾーン金利は返済しなければならないという判決が出たためにかつてお金を借りていた人はその分を返還請求できるのです。

プロミスの過払い金に関する口コミ情報を募集しています。

ただ、すべての債務者が過払い金を請求することができるわけではなく、ローン会社が利息制限法で定められた利息を超えて請求していた場合、つまり、出資法の金利から利息制限法の金利を引いた分(グレーゾーン金利の分)が過払い金になるのです。

過払金は、余分に金利を支払った人であればだれでも請求することができますが、まだ完済をしていない人は、任意整理の扱いになってしまうためブラックリストに載ってしまうことになります(ブラックリストといっても実際にブラックリストが存在するわけではありません。
)ですので、今後車を買いたい場合や住宅などを購入する場合にローンを組みたいのであれば、しっかりと完済したうえで過払い金を請求するべきなのです。



Copyright (C) 2015 意外と知らない過払いの実態とは All Rights Reserved.