過払い金返還請求は10年以内に行う必要がある

過払い金返還請求は10年以内に行う必要がある

最近ではテレビのコマーシャルなどによって、知名度が高くなっている貸金業者が増えていますが、2010年以前に融資を受けていた人の場合には、過払い金について認識しておく必要があります。

以前の貸金業者では利息制限法で決められている利率を超えた金利によって、融資を行っていた実態があるために、本来であれば支払う必要のない利息分の返済を行っていることが考えられます。



借り入れ期間が5年を超えている人で、金利が18%以上で支払いを継続してきた人の場合には、過払い金が発生している事例が多いと言えます。


払いすぎた金額があるときには、弁護士などに相談することで貸金業者に対して情報の開示を請求して、正しい金利に基づいて計算してもらうことができます。

法律事務所によっては、無料で過払い金の返還請求を行っているところがありますので、無駄な費用をかけずに済みます。

今、評判なのはこちらのセゾンの過払い金の優良サイトならこちらで見つかります。

法律事務所のデータによると5年以上の貸金業者との取引を行ってきた人の場合には、50%近くの人に過払い金が発生していることとなり、10年以上の取引を行ってきた人にいたっては80%以上の方に、払いすぎている利息分がありますので、借金の元本に充当させることによって借金額をゼロにすることが可能です。
借り入れを行っている金額よりも過払い金のほうが多いケースについては、返還請求によって払いすぎている金額分を取り戻すことができますので、弁護士費用を支払わなくても良いケースも多いと言えます。

最近気になった47NEWSの情報を調べてみましょう。

返還請求が行える期間として10年までと期限が設定されていますので、貸金業者に対して融資の完済を行ってから10年以内に請求を行う必要があります。

Copyright (C) 2015 過払い金返還請求は10年以内に行う必要がある All Rights Reserved.